占い師になるために十分な知識をつけよう

占い師になりたい!と思った時やるべき事は何?

占い師という職業について知ろう

相手に不安を与えないように

占い師に向いている人はどんな人なのでしょうか。
まず一つ目は動揺しない人です。
例えば他人に流されやすい優柔不断な人としっかりとした自分の意見を持っている人ではどちらのほうが信用できるでしょうか。多くの人が後者のほうが信用できると思うでしょう。挙動不審だとどんなに正しいことを言っても疑われてしまうことかもしれません。
「こうかもしれない…」よりも「これはこういうものだ」と断定するほうが意見を受け入れやすいでしょう。
二つ目はカリスマ性です。
多くの人からの支持を得ている人の意見というものはそれだけで信じられると思うことはありませんか?
まさにそれです。人は支持者が多い人、つまりカリスマ性の高い人ほど信じられると感じてしまうのです。

人からの支持を得るには

支持者の多い人が向いている、といってもはじめのうちは支持してくれる人は少ないでしょう。
ではどうすれば人から支持してもらえるでしょう。
方法の一つはリピーターを増やすことでしょう。
そのためにすべきことの一つは占った相手のメリットになることを話すことです。
あなたは「占った結果だけを言う占い師」と「結果とこれからすべきことを教えてくれる占い師」のどちらにみてもらいたいですか?当然後者でしょう。結果だけでなく解決策を教えることは有効な方法です。
二つ目は相手に共感することです。
人の悩みは聞いてもらうだけで軽くなることがあります。親身になって話を聞くことで相手の警戒を解き、信頼を得ることができるでしょう。
今の時代、評判というのはネットでもどんどん広がっていきます。一人ひとりに対して丁寧に接していくことが大切です。