占い師になるために十分な知識をつけよう

占い師になりたい!と思った時やるべき事は何?

どんな知識が必要か

占い師をやっていくには

前のページで占い師に向いている人の特徴の一つとして、カリスマ性のある人を挙げました。ではそのカリスマ性を上げていくにはどうすればいいでしょう。
まず一つ目として、評判を上げることです。そのためには依頼者を思いやり、分かりやすく今後すべきことなどを説明していくといいでしょう。
二つ目はプロの占い師に弟子入りする、もしくは講習生となることです。最近は独学で学んでデビューする人も多いそうですが、やはりプロから基礎的なことやノウハウなどを教わるほうがよいでしょう。さらにメディアへの紹介などデビューまでの筋書きをしてもらえます。独学よりも誰かの弟子についていたほうがデビュー後も安定しているそうです。
困ったときの相談もできるため、今後のためにもなるでしょう。

占い師に資格は必要か

やはり資格の有無は気になるかと思います。結論から言いますと、特に資格は必要ありません。
占い師の認定証を出している団体もありますが、民間が出しているものですので持っていなくても法的な問題はありません。
それらを出すために高額な金銭を要求する悪質な団体もあるそうですので、「資格」を大々的に売り出している団体には注意してください。(例外あり)
極端に言えば「自分は占い師です」といって占いの依頼を受ければ誰が何と言おうと占い師というわけです。
占い師としての資格は必要ありませんが、ファイナンシャルプランナーや臨床心理士などの公的な資格を取得していると自身の技術を示したり、営業ツールの一つとしては有効かと思います。